トップページへ

不動産開業マニュアル一覧にもどる



不動産業って何?
どんなところにビジネスチャンスがあるの?


■不動産業のいろいろ

不動産業界を大きくわければ上記4つの形態が主なものです。
デベロッパー デベロッパーとは直訳すると「開発事業者」のことです。不動産業界で言えば、「メーカー」にあたる存在です。デベロッパーは、自社で用地を仕入れマンションや戸建を建て、新築マンションや新築一戸建てなどを商品として販売します。
賃貸管理業 賃貸マンション・アパート等の管理業です。
入居者の斡旋から家賃の集金、物件の維持管理等
業務内容は非常に幅の広い業種です。
売買仲介業
(賃貸仲介業)
街の不動産屋さんの大多数がこの業種と思ってよいでしょう。不動産を売りたい人と買いたい人をマッチングさせ、売買契約を成立させる仕事です。
不動産
コンサルティング業
地主や資産家に対して資産(土地)の運用などについてコンサルティングをします。将来性などを見渡せる幅広い知識が必要になります。
(※単なるコンサルティング業務には宅建免許は必要ありませんが、土地取引や仲介には宅建免許は不可欠です。)

【補足】
※不動産業者の大きな割合を占めるのが、売買仲介業(賃貸仲介業)です。この仲介業という言葉ですが、これは俗称であって宅地建物取引業法では“媒介”と言います。つまり、よく言われる仲介手数料というのも正式には“媒介手数料”と言います。

自分の力を信じて不動産業界で開業!

不動産業界には上記のような主な業種がありますが、これから不動産開業をするにあたってどの分野で、どのようなサービスや商品を扱うのかをよく考える必要があります。自分のこれまでの社会経験や得意分野を自分自身で見極めることが第一歩です。
上記の4つに属さない新たな不動産ビジネスも色々登場しています。時世の流れを読み、斬新なアイディアを持って不動産業界で開業をして下さい。