お知らせ

HOME arrow_right お知らせ arrow_right 宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドラインについて

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドラインについて

2021/10/12

 人の死が生じた不動産取引に際しての宅建業者の判断基準となるガイドラインを策定することを目的に、昨年2月に国土交通省において検討会が設置され、検討が進められておりましたが、その結果、本年10月8日に同省より「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」が公表されましたのでご案内申し上げます。

 本ガイドラインは、取引の対象不動産において過去に人の死が生じた場合において宅建業者がとるべき対応に関し、宅建業法上負うべき義務の解釈について、現時点における裁判例や取引実務に照らし、一般的に妥当と考えられるものについて整理されており、宅建業者の調査の対象や方法及び人の死の告知に関し、宅建業者が告げなくてよい場合等について明記されております。

詳細につきましては、下記をご参照下さい。

 

・宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドラインについて

・宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドラインについて(本文)

・ガイドラインポイント(国土交通省資料)

・宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン概要

↑ PAGE TOP