宅地建物取引士証の交付申請について

HOME arrow_right 宅建士について arrow_right 宅地建物取引士証の交付申請について

宅地建物取引士証の交付申請について

宅地建物取引士資格登録を受けている方は、登録をしている都道府県知事に対し、宅地建物取引士証の交付を申請することができます(宅地建物取引業法第22条の2)。宅地建物取引士証の交付を受けなければ、宅地建物取引士として業務に従事することはできません。
なお、氏名、住所、本籍などの登録事項に変更があったにもかかわらず、変更登録申請を怠っている場合、事前に変更の登録を申請する必要がありますのでご注意ください。

提出書類について

資格登録済みで、試験合格後1年以内の方が、初めて宅地建物取引士証の交付を希望する場合

  • 1宅地建物取引士証交付申請書(様式第7号の2の2)

    宅地建物取引士資格登録申請時に、都市整備局都市基盤部都市総務課不動産グループの窓口にて交付します。

  • 2宅地建物取引士管理カード

    宅地建物取引士資格登録申請時に、都市整備局都市基盤部都市総務課不動産グループの窓口にて交付します。

  • 3顔写真 3枚

    申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景の縦3センチ、横2.4センチ(顔2センチ程度)のカラー写真であること。
    「宅地建物取引士証交付申請書」に1枚、「宅地建物取引士管理カード」に1枚、所定の箇所に貼り付けて下さい。また、宅地建物取引士証用に、1枚ご提出下さい。

  • 4宅地建物取引士資格登録通知書

    都市整備局都市基盤部都市総務課不動産グループから送付されてきた、宅地建物取引士資格登録の完了の通知(宅地建物取引士資格登録番号が記載されたハガキ)です。

  • 5手数料 4,500円

    (公社)愛知県宅地建物取引業協会窓口にて、現金又は愛知県証紙により、4,500円の手数料を納める必要があります。

  • 6※送付用封筒(郵送受取りを希望する場合)

    発行された宅地建物取引士証を、郵送で受け取ることを希望する場合は、392円分の切手を貼り付けた送付用封筒が必要です。

試験合格後1年を経過している方が宅地建物取引士証の交付を希望する場合・宅地建物取引士証の更新又は再交付を希望する方の場合

試験合格後1年を経過している方は、愛知宅建が実施する宅地建物取引士法定講習の受講が必要です。宅地建物取引士証は講習修了時に交付します。なお、法定講習は(一社)不動産協会 宅建法定講習センター、(公社)全日本不動産協会愛知県本部でも実施しています。
宅地建物取引士証の有効期限は5年です。更新を希望する方は、宅地建物取引士法定講習を受講する必要があります。法定講習は、有効期間満了日の6か月前から受講することができます。

  • 1現に有する宅地建物取引士証

  • 2宅地建物取引士証交付申請書

    更新案内に同封もしくは当協会に用意しております。

  • 3受講申込書(管理カード)

    更新案内に同封もしくは当協会に用意しております。

  • 4印鑑

    シャチハタは使用できません。

  • 5宅地建物取引士証交付申請手数料 4,500円(現金又は県証紙)

  • 6受講料 12,000円(現金)

  • 7顔写真 3枚

    申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景の縦3センチ、横2.4センチ(顔2センチ程度)のカラー写真であること。
    ※撮影設備は当協会にもご用意しております。

※住所や従事先などの登録事項に変更が生じているにもかかわらず、変更登録申請を怠っている場合、宅地建物取引士証の交付申請を受け付けることができませんので、十分にご注意ください。

申請方法について

申請先 公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会
〒451-0031 愛知県名古屋市西区城西5-1-14 愛知県不動産会館
受付時間 午前10時~正午 午後1時~4時(土日祝日及び年末年始を除く。)

↑ PAGE TOP